大使挨拶

大使

 今般,駐ラトビア日本大使として着任した藤井眞理子です。

 ラトビアには,以前,旅行者として一度訪問したことがありますが,世界遺産にも指定されている美しいリガ旧市街,欧州でも屈指の規模のアールヌーボー建築群,豊かな自然など,ラトビアに魅了され,いつか必ず再訪したいと考えていました。
 今回,日本大使としてラトビアに赴任するという機会に恵まれたことはたいへん光栄です。

 2016年は日本とラトビアの「新たな外交関係」開設から25周年の節目にあたりますが,この間,二国間関係は着実に拡大しています。

 近年,ラトビアが日本のメディアに取り上げられることが増え,日本からラトビアへの航空便も以前に比べ便利になったこともあり,日本からラトビアを訪問する観光客は着実に増加しています。

 また,リガ港への日本企業による投資が行われるなど,ラトビアに関する日本企業の関心が高まっており,日本からの経済訪問団も近年,増加しています。

 私は,日本とラトビア,それぞれのすばらしい魅力をできる限り多くの人々にお伝えし,これまで以上に,政治,経済,教育,文化,青少年交流など,あらゆる分野での両国関係が活発になるよう努力していきたいと思います。