髙瀨大使は、他の新任大使とともに、エドガルス・リンケービッチ外務大臣に着任表敬を行いました。

2021/12/22
  写真提供: Ārlietu ministrija

 高瀬大使から、日本とラトビアは今年友好100周年をお祝いしていること、そして7月に日本の茂木外務大臣(当時)がラトビア訪問したことに触れつつ、政治、経済、文化等幅広く二国間関係を発展させたい旨述べました。

 リンケービッチ外務大臣から、様々なテーマを通じての二国間関係の更なる促進への期待が示されました。特に、来年リガで開催される三海域イニシャティブへの日本の参加等を通じた経済関係の発展への期待が表明されました。