新型コロナウイルス関連: 英国及び南アフリカからラトビアへ渡航の際の検査実施及び自己隔離義務について

2020/12/30
(ポイント)
●12月30日にラトビア政府は,英国及び南アフリカからラトビアへ渡航の際の検査実施及び自己隔離義務について発表しました。
●英国及び南アフリカからの渡航者は,ラトビアに入国後10日間の自己隔離及び新型コロナウイルス検査が必須となります。
 
 疾病予防管理センターは30日,英国及び南アフリカからラトビアへ渡航の際の検査実施及び自己隔離義務について発表しました。
1 英国及び南アフリカからの渡航者はラトビア入国後に義務づけられている10日間の自己隔離を厳密に実施するように求められています。(自己隔離中は体温を1日2回測定し,状態が深刻な場合は113番に電話)
公共交通機関は利用せず,人と2メートルの距離を保ち,人が集まる場所(店舗等)を避ければ外を歩くことはできます。
2 ラトビア入国時及び自己隔離の9日目に新型コロナウイルス検査を受け,検査結果が陰性の場合,自己隔離は10日で終了します。