女優桃井かおりさん主演映画のワールド・プレミア

 4月8日、女優桃井かおりさんが主演する映画「Oki(沖)–Middle of the Ocean」のワールド・プレミアが、桃井さん他、同映画制作関係者出席の下、リガ市内の映画館フォーラムシネマで開催されました。

 同映画は、ラトビア人映画監督のマリス・マーティンソンス(Mr. Maris Martinsons)氏による作品で、桃井さんは、2010年に公開された同監督の映画「AMAYA(雨夜)」にも主演女優として出演しており、同監督の映画に出演するのは、今回が2作品目です。

 桃井さんは、「AMAYA(雨夜)」の出演をきっかけに、日本とリガ市との間の文化交流の橋渡し役となり、2011年8月、外国人として初めてリガ市名誉文化大使(Honorary Ambassador of Culture of City of Riga)に任命されています。今回のリガ滞在中、ウシャコウス(Mr. Nils Usakovs)リガ市長を表敬訪問した他、多数のテレビや雑誌よりインタビュー取材がありました。また、町中の至る所に同映画のポスターが掲示されるなど、リガ市の話題の中心となりました。

 また、ワールド・プレミアに先立ち、4月5日、大使公邸にて桃井かおりさん他、映画関係者、当地政府関係者等を招いた、歓迎レセプションが開催されました。
 
女優桃井かおりさん他映画関係者と多賀大使
女優桃井かおりさん他映画関係者と多賀大使
映画ポスター(リガ市内)
映画ポスター(リガ市内)