リガのコスプレ大会

 8月2日から3日にかけてリガ市内で、世界各国のマンガ・アニメやコスプレ、ゲームなどのファンが集まる大会「UniCon Latvia 2014」が開催されました。
 大会には、日本のアニメやゲームのキャラクターに扮した若者も多数来場し、会場を賑わせていました。


 

 2日間にわたって開催されたコスプレ・コンテストでは、手の込んだ衣装を身につけた出演者に対して、観客から大きな歓声が浴びせられました。

 このほかにも、ビデオゲーム・ボードゲームの大会や、イラスト・コンテスト、マンガやフィギュアの販売ブースなどがあり、それぞれたくさんの人々で賑わっていました。
 

 リガでは数年前からこのような大会が行われていましたが、年々規模が大きくなっており、今回の会場である「VEF文化宮殿」で大会を行うのは昨年に続き2回目です。昨年は約1,000名が来場しましたが、今年は300名のスタッフに加え、2日間で1,500名以上の来場者がありました。
 今後もこの大会が発展していけば、日本のポップカルチャーに興味を持つ若者だけでなく、もっとたくさんのラトビアの人々に日本のことを知ってもらえる機会になるかもしれません。